オンライン診療の発展に向けて挑戦を続ける現役医師の奮闘
(画像=株式会社Medifellow代表取締役CE 丹羽崇氏)

株式会社Medifellowは、海外在住の日本人や外国人に向けてオンラインでの医療相談や医療ツーリズム事業を行うスタートアップ。今回は現役の医師であり、代表取締役CEOを務める丹羽崇氏に事業内容や「サステナブル」の考え方、医療業界が抱える課題や課題解決に向けた取り組み、日本におけるオンライン診療の未来など、興味深いお話を伺った。

海外在住者向けにオンライン上での医療相談や医療ツーリズムができる事業を展開

——御社の事業内容についてお聞かせください。

丹羽 弊社の主な事業内容は3つです。1. オンライン対面や文書でのセカンドオピニオン、オンライン診療・医療相談、メンタルヘルスケアなどの医療相談事業、2. セカンドオピニオンや紹介状作成を通した医療ツーリズムサポート事業、3. 医療機器やヘルスケアビジネスの調整役として医療コンサルティング事業を手がけています。

ターゲットは、海外在住の日本人と、日本で医師に診てもらうために来日する「医療ツーリズム」を希望する海外在住の外国人です。

——御社のアピールポイントは何でしょうか。

丹羽 一口に「セカンドオピニオン」と言っても、実際に行うにはその病気に関して高度な専門性を有していないと対応ができません。さらにオンラインでやるとなると高い専門性を持つ医師を多数取り揃えることが必要ですが、なかなか難しいのが現実です。しかし、弊社では、全診療科を対象としてオンラインにおけるセカンドオピニオンを提供することが可能です。

——仕事をする上で、どのような場面でやりがいを感じますか?

丹羽 サービスの利用後に「ありがとうございました」「助かりました」と声をかけていただいたり、私たちのアドバイスによって治療方針がより良い方向へ向くのを見たりすると、事業を行っていて良かったと思います。

弊社のサービスを利用される方は皆さん海外で生活されています。海外在住の日本人であれば、慣れない異国で病院を受診することに対する不安、外国人であれば自身の体調について詳しい医者が自国に少ないため相談する場が少ないという悩みを抱えています。

そのような方々の悩みや不安を解決できた上に、感謝のお声をいただけるのは、とても嬉しいですね。