ESG投資,ESG経営,企業価値
(写真=PIXTA)

近年、世界中で注目されている「ESG」という言葉をご存じだろうか。ESGは今後の経済や企業価値に大きな影響を及ぼす、非常に重要なキーワードだ。時代の変化についていくためには、いち早くこのESGについて正しい知識を身につけなくてはならない。

目次

  1. ESGとは?基本的な3つの要素
  2. ESGが注目された背景と「ESG投資」
  3. 企業がESGを意識する重要性
  4. 企業がESG経営に取り組むことで発生するメリット
    1. 1.将来的なキャッシュフローが増強される
    2. 2.リスク管理が高度化される
    3. 3.ブランド力の強化
  5. 事例から見るESG経営への取り組み方
    1. 1.「TOTO水環境基金」の設立/TOTO株式会社
    2. 2.生物多様性の保全など、「共生」に関する活動/キヤノン株式会社
    3. 3.ESGデータの公開/森永製菓株式会社
    4. 4.SDGsとひもづけた活動/新日本空調株式会社
    5. 5.地域活性化に関する多様な取り組みとIR活動/株式会社リクルートホールディングス
  6. ESG投資の7つの種類
    1. 1.ネガティブ・スクリーニング
    2. 2.国際規範スクリーニング
    3. 3.ポジティブ・スクリーニング/ベスト・イン・クラス
    4. 4.サステナビリティ・テーマ投資
    5. 5.インパクト・コミュニティ投資
    6. 6.ESGインテグレーション
    7. 7.エンゲージメント/議決権行使
  7. 「ESG」は今後の経済を左右するキーワード

ESGとは?基本的な3つの要素

ESGとは企業が長期的な成長を遂げるために、3つの要素を重視する考え方だ。その3つの要素とは「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(企業統治)」を指し、各単語の頭文字を取って「ESG」と呼ばれている。

これだけでは少しイメージが湧きにくいため、ESGの各要素が具体的にどのような取り組みを表すのかについて、以下でもう少し詳しく見ていこう。

ESGの要素 概要
・Environment(環境) 自然環境に対する配慮のこと。具体的には、環境汚染や生物多様性への配慮、省エネ・CO2排出量の削減努力などが挙げられる。
・Social(社会) 現代社会に及ぼす影響のこと。たとえば、労働環境や人権問題への配慮、地域社会への貢献が見られるような企業は、ESGの観点では評価が高くなる。
・Governance(企業統治) 経営に関する、さまざまな管理体制のこと。経営の透明性が高い企業や、資本効率化に取り組んだ企業などが高く評価される。

上記のうち「Environment・Social」の2つは比較的わかりやすいが、特に「Governance」は広い意味合いで使われるため注意しておきたい。たとえば、外部取締役や女性管理職の登用や、利益を配当金として積極的に分配するなど、企業の持続的成長や中長期的収益につながるさまざまな取り組みが「Governance」に該当する。

ESGが注目された背景と「ESG投資」

ESGが世の中に浸透し始めたのは、2006年の「PRI(責任投資原則)」の提唱がきっかけと言われている。当時の国連で事務総長を務めていたアナン氏が、投資家の取るべき行動(PRI)としてESGを推進したのだ。

これ以降ESGは世界的に少しずつ普及していき、最近では「ESG投資」という言葉も使われるようになった。ESG投資では、従来の投資のように売上高や利益を重視するのではなく、「環境・社会・企業統治」の3つの観点から投資対象を選んでいく。

では、なぜESGの注目度が高まっているのだろうか。考えられる要因としては、主に以下のような社会的背景が挙げられる。

○ESGが注目され始めた主な要因
・自然環境や地域社会などのさまざまな外部要因が、企業の成長に影響を及ぼすようになった
・無理に事業展開を行った影響で、環境汚染や労働問題などの不祥事が目立つようになった
・経済格差や自然破壊など、資本主義の負の側面が問題視されるようになった

つまり、利益を追求する企業が世界的に増えた結果、さまざまな環境問題や社会問題につながってしまった。そして、このような結果につながることを防ぐために、ESGという新たな考え方が提唱されたのである。

ESG
【こちらの記事もおすすめ】

ESGの意味とは?CSRやSDGsとの違いや企業での対応法について徹底解説
「ESG」という言葉を聞いたことはあるが、それがどういうものなのか、よくわからないという経営者は少なくない。ESG投資とは、環境や社会、ガバナンスに対して積極的な取り組みをする企業に投資することである。ESG投資は2006年に国連が提唱し、マーケットにおいてメインストリームになりつつある。この記事では、…続きを読む

企業がESGを意識する重要性

企業がESGを意識して経営を行うことは「ESG経営」と呼ばれており、このESG経営に取り組む企業は着実に増え始めている。では、なぜそれほどまでにESG経営が重要視されているのだろうか?

その理由としては、まず投資規模の拡大が挙げられるだろう。世界的な規模で見れば、ESG投資はすでに投資全体の3割を占めている。今後さらにESGが世界中に浸透すれば、この数値が上昇することは言うまでもない。

日本でもESG投資の市場規模は拡大してきており、2014年からの2年間で投資金額は70倍に膨れ上がったとされている。つまり、ESG経営に力を入れている企業のところへ、投資家の資金が集まりつつあるのだ。

また、以下のようなステークホルダー(利害関係者)への影響も、ESG経営を語る上で外せないポイントと言える。

ESG経営が影響を与える
ステークホルダー
概要
・顧客 グリーン消費や地産地消など、精神的価値を重視して商品を購入する層へのアピールにつながる。
・従業員 労働環境を見直すことで生産性が上がり、結果としてガバナンスの面で評価されることにもつながる。
・取引先 これまでの生産体制を見直すことで、地域や業種を超えてさまざまな顧客を開拓できる。
・投資家 ESGの観点から高く評価されることで、多くの投資家から資金が集まりやすくなる。

ESG経営に取り組むことでアピールできる対象は、ESGに興味を示す投資家だけではない。新たな顧客や取引先の開拓にもつながるため、ESG経営は短期間で企業を成長させる手段にもなり得る。

また、欧州ではすでに法的整備が強化されており、世界的なガイドラインや基準も整いつつある。つまり、世界的に浸透させるための準備が着々と整っているので、その波に乗り遅れないようにいち早くESGを理解しておくことが重要だ。

企業がESG経営に取り組むことで発生するメリット

ここからは、企業がESG経営に取り組む具体的なメリットを見ていこう。細かく見れば非常に多くのメリットが発生するが、以下では特に押さえておきたいものを紹介する。

1.将来的なキャッシュフローが増強される

前述の通り、ESG経営に取り組むと新たな顧客や取引先を開拓できる。また、これまでとは異なる観点から新規事業を創出すれば、大きなビジネスチャンスをつかめるかもしれない。

つまり、ESG経営への積極的な取り組みは、将来的なキャッシュフローの増強につながる可能性がある。もちろん確実に成功するわけではないが、ESGの概念が広く浸透していくほど、ESG経営に取り組む企業の価値も高まっていくだろう。

2.リスク管理が高度化される

ESGが表す「環境・社会・企業統治」の3つの要素は、いずれも企業にとってはリスクとなり得るもの。たとえば、自然環境や労働環境の悪化によって、著しく生産性が下がってしまう企業は多く存在するだろう。

そのため、ESGの概念を強く意識することは、企業がリスク管理を高度化させることにつながる。リスクが下がれば安全に事業を進められるだけではなく、消費者や投資家からの注目も自然と集まるだろう。

つまり、ESG経営のリスク管理には一定のコストが発生するものの、将来的にはそれ以上のリターンを期待できる可能性があるのだ。

3.ブランド力の強化

ESG経営を意識すると、企業の健全性は自然と高まっていく。環境・社会にやさしく、そして透明性の高い経営状態を作り上げられるため、結果的に企業全体のブランド力もアップするだろう。
ブランド力の向上は、さらにIR活動の面にも良い効果をもたらす。消費者や投資家へのアピールにつながるので、自然と資金が集まりやすい状況を作り出せるのだ。

上記ではメリットを3つに分けて解説したが、簡潔にまとめればESG経営は「企業価値の向上」につながる。利益が増えることはもちろん、資金調達のハードルが下がったり、その資金でさらに大きなビジネスに挑戦できたりするなど、ESG経営は会社の可能性をぐっと広げられるポテンシャルを秘めている。

ただし、既存の事業やシステムなどを広く見直す必要があるため、ESG経営に切り替えるためのコストは意識しておきたい。もちろん失敗するリスクも潜んでいるので、さまざまな知識・情報を身につけたうえで、慎重に計画を立てることが重要だ。

事例から見るESG経営への取り組み方

ESG経営の計画を立てる前には、事例にもしっかりと目を通しておきたい。事例からは成功のポイントや鍵となる考え方を学べるため、より多くの事例に目を通しておくことが大切だ。

そこで以下では、特に押さえておきたい国内の事例を並べてみた。自社のケースにも当てはめながら、ESG経営を成功させるためのヒントをつかんでいこう。

1.「TOTO水環境基金」の設立/TOTO株式会社

住宅設備機器を製造するTOTO株式会社は、水に関わる問題を解決するために「TOTO水環境基金」を設立している。

2018年2月にはこの基金を通して、国内外の計11団体に1,812万円を助成。2005年の設立から数えれば、全250団体に対して3億円にものぼる助成を行ったことになる。

TOTOはほかにもさまざまな水問題に取り組むなど、地域社会の活性化に積極的な姿勢を見せている。その結果として、国際的な社会問題を解決しつつも、水に関わるメーカーとしてそのブランド力の強化に成功した。

2.生物多様性の保全など、「共生」に関する活動/キヤノン株式会社

大手電気機器メーカーのキヤノン株式会社は、その技術力を活かしてESG経営を行っている。生物多様性の保全や文化財の未来継承プロジェクト、コーポレート・ガバナンス体制の見直しなど、その内容は実にさまざまだ。

1988年の時点で「共生」を理念に掲げ、地球環境や自然との関係性を大切にしていることからも、ESG経営への意識の高さがうかがえる。

3.ESGデータの公開/森永製菓株式会社

大手菓子製造業者である森永製菓は、使用したエネルギーや資源などを項目別にまとめた「ESGデータ」を公式ホームページ上で公開している。廃棄物や環境違反に関する項目など、企業にとってはマイナス要素となるデータも公開されているので、まさに経営の透明性を高める取り組みと言えるだろう。

ほかにも海外の教育環境を整備するなど、地域社会を直接的に支援するような取り組みも。特にカカオ産出国を積極的にサポートすることで、原材料供給の安定化を目指している。

4.SDGsとひもづけた活動/新日本空調株式会社

空調機器を中心に取り扱う大手メーカー新日本空調は、国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」とひもづけたESG経営に取り組んでいる。具体的な活動としては、ジェンダー平等を実現させる女性管理職・技術職の採用や、再生医療等・先端医薬に関する事業の拡大などが挙げられる。

「環境・社会・企業統治」の3つの観点から非常に幅広い活動に取り組んでおり、活動の大部分が公式ホームページ上で公開されているため、経営者はぜひ確認しておきたいところだ。

5.地域活性化に関する多様な取り組みとIR活動/株式会社リクルートホールディングス

求人広告を手がけるリクルートホールディングスは「中長期の価値創造」を目的として、地域活性化を目指した取り組みに力を入れている。具体的なものとしては、地域産品のプロデュースや事業承継のマッチングなどが挙げられるだろう。

同社もさまざまな観点からESG経営に取り組んでいるが、株主や投資家からの理解を得るために、「統合報告」という形でレポートを公開している点も重要なポイントだ。社会的な責任を果たすだけではなく、ESG経営を通したIR活動もしっかりと行っている。

上記の事例を見て分かるように、ESG経営への取り組み方は企業によって大きく異なる。もちろん社会貢献や環境保全も意識されているが、ブランドの確立や原材料の安定供給など、本業に関わる目的がしっかりと押さえられている点が重要なポイントだ。

つまり、ESG経営では本業と関連性のある活動に目を向けて、慎重に計画を立てる必要がある。活動に取り組んだ後の具体的な効果・影響も意識しながら、本業にプラス効果が生じるプロジェクトを検討してみよう。

ESG投資の7つの種類

今回解説しているESG投資は、統計をとる目的で7つの種類に分けられている。主に手法によって分類されているため、経営者の立場からすれば関係ないと感じるかもしれない。
しかし、ESG経営によって企業価値を高めるには、投資家側の考え方を理解しておくことも重要だ。そこで以下では、7つのESG投資の概要を簡単にまとめたため、ある程度の内容は理解しておこう。

1.ネガティブ・スクリーニング

ESGの理念と反する、特定の業界を投資対象から除外する方法。主に「罪ある株式(sin stocks)」と呼ばれるものが除外され、具体的な除外対象としては以下が挙げられる。

・たばこ
・アルコール製品
・ポルノ
・ギャンブル
・動物実験
・化石燃料、原子力発電 など

ネガティブ・スクリーニングは世界最大のESG投資手法であるため、新たな事業を始める際にはしっかりと意識しておきたい。

2.国際規範スクリーニング

国際労働機関や経済協力開発機構などが定める、国際的規範の最低基準に達していない企業を投資対象から除外する手法。特に環境破壊や人権侵害に関する規範が重視されており、主に北欧の機関投資家から採用されている。

ただし、世の中には数多くの国際的規範が存在しており、どの規範を採用するかは各投資家の判断によるため、細かく見れば実際の投資手法は多岐にわたる。

3.ポジティブ・スクリーニング/ベスト・イン・クラス

環境や人権、ダイバーシティなど、ESGの観点から優れたものを投資対象として選ぶ手法。環境などのテーマごとに基準が設けられており、その基準で計算された総合スコアの高いものが投資対象として優先される。

マイナス要素があるものを除外するのではなく、プラス要素があるものを選抜する方法なので、上記の「ネガティブ・スクリーニング」とは正反対の手法と言えるだろう。

4.サステナビリティ・テーマ投資

エコファンドや水ファンドのように、特定のテーマに関連する企業に対して投資をする手法。ほかにも再生可能エネルギー投資ファンドなど、「持続可能性」に関連した投資対象が中心となっている。

サステナビリティ・テーマ投資は、ESGの元となる概念が国内に入ってきたときに日本で流行り始めた。ただし、世界的に見れば投資規模は小さく、近年ようやく注目されつつある。

5.インパクト・コミュニティ投資

社会や環境に大きく貢献するサービスなど、社会的インパクト・環境インパクトが強いものに対して投資を行う手法。インパクトのみを重視する方法もあるが、インパクトと財務パフォーマンスの両方を追求する方法も実践されている。

投資対象として非上場企業が多く含まれており、企業単位ではなくプロジェクト単位での投資も多く行われているため、中小企業にも関連性が高いESG投資と言えるだろう。

6.ESGインテグレーション

各企業の財務情報に加えて、「環境・社会・企業統治」の非財務情報も投資判断に含める手法。ESGを強く意識した投資手法と言えるが、どの非財務情報を重視するかは各投資家の判断によるため、実際には多様なスタイルで投資が行われている。

近年ではESG投資の中でも特に注目度が高いので、経営者も強く意識しておきたい手法のひとつだ。

7.エンゲージメント/議決権行使

株主という立場から、企業のESG経営に関して積極的に働きかける手法。ここまで紹介した6つの手法とは大きく異なり、この手法では議決権などを行使して企業の内部から働きかけていく。
また、上記6つの手法と組み合わせて使用される点も、エンゲージメントや議決権行使の大きな特徴だ。株主としての権利を活かすことで、投資家は企業とより密接な関係を構築できる。

「ESG」は今後の経済を左右するキーワード

ESG投資やESG経営は、今後の経済を大きく左右する重要なキーワードだ。スケールが大きいため実感が湧かないかもしれないが、その波は着実に世界中へと広がっており、中小企業にとっても他人事とは言えない時代が到来しつつある。
そのため、現時点では社会問題や環境問題の影響を受けていなくても、中小経営者はESGの概念をいち早く理解しておきたい。いつ時代が変化しても対応できるように、基礎知識を身につけたうえである程度の準備は整えておこう。

文・THE OWNER編集部