薮中
(画像=THE OWNER編集部)


10月20日(水)16:00〜17:00はベイシス株式会社 代表取締役社長の吉村 公孝 氏が登壇します。
吉村氏はベイシス社を故郷の広島で立ち上げ、事業拡大のため2006年に東京へ本社を移転。組織の急拡大やリーマン・ショックで大打撃を受けたものの同社を立て直し、今年の6月に東証マザーズへ上場されています。

現在は「ICTで世の中をもっと便利に」というミッションのもと、インフラ業界のDXを推進・変革する同社。モバイルエンジニアリングサービスやIoTエンジニアリングサービスを展開し、売上高が4年間で2.3倍に増加するなど今後さらなる成長が期待されています。

今回は数々の苦難を乗り越え3度目の挑戦で上場された吉村氏に、IPOの裏側について詳しく伺います。

こんな方におすすめ

  • IPOを検討している経営者
  • さらなる成長が期待されるベイシス社の「事業戦略策定」が気になる経営者
  • 上場を目指している地方企業の経営者
  • IPOを学びたいビジネスパーソン

内容

  • 3度目のIPO挑戦までに乗り越えてきたハードシングス
  • 14年の準備期間で高まった企業価値
  • 上場するために必要な社内の「体制づくり」
  • IPO達成に向けた「エクイティストーリー」
  • 予実管理を上手く行うための方法

開催日時

10月20日(水)16:00〜17:00

視聴方法

本ウェブセミナーはオンライン会議システム「Zoom」を使用いたします。
受講URLや接続方法はお申込受付後に送付いたします。
お使いのPCがシステム要件を満たしている必要がありますので、動作環境はZoomヘルプセンターをご確認ください。

講師紹介

佐々木かをり
吉村 公孝 氏(ベイシス株式会社 代表取締役社長)
1972年10月広島県生まれ。 岡山理科大学工学部機械工学科卒業後、 独立系エンジニアリング会社に就職。
その後、フリーランスのエンジニアとして個人事業で独立し、2000年7月に広島県で有限会社サイバーコネクション(現ベイシス株式会社)を設立。2006年に本社所在地を東京都に移転し、2017年社名をベイシス株式会社に変更。2021年6月に東証マザーズへ上場。 好きなことは、モータースポーツ観戦(F1など)、野球観戦(カープ)、ゴルフ、バスケットボール、ビジネス、お酒。座右の銘は「初志貫徹 」

無料申し込みはこちら

無料会員登録はこちら