薮中
(画像=THE OWNER編集部)


6/24(木)17:00〜18:00は株式会社Medifellow代表取締役CEOの丹羽氏が登壇します。
新型コロナウイルスの感染拡大でより注目度が高まるヘルスケアビジネス。今回は、呼吸器インターベンションのスペシャリストとして臨床と研究に従事する傍ら、オンライン医療相談サービスを提供する株式会社Medifellowを設立した丹羽氏にご登壇いただき、ヘルスケアビジネスの最先端を語っていただきます。

Medifellowでは海外に在住している日本人向けに日本の医師に医療相談ができるサービスを提供しています。海外では新型コロナウイルスの驚異が日本より遥かに叫ばれる中、現在の状況、そしてそれを踏まえた今後のヘルスケアビジネスの未来はどうなっていくのか、お伺いします。

こんな方におすすめ

  • 新型コロナウイルスの感染拡大に関連したヘルスケアビジネスの動向について知りたい方
  • ヘルスケア業界への進出を検討されている経営者の方
  • 現在ヘルスケア、医療関連業界で働かれているビジネスパーソンの方

内容

  • 現在の事業の内容と創業の経緯
  • 現在新型コロナで海外在住の方の需要も向上している?
  • 現在の海外のヘルスケアビジネスの動向は?
  • 日本のヘルスケアビジネスの動向は?
  • 今後、日本の経営者がヘルスケアビジネスに参入するには何が重要か?

開催日時

6月24日(木)17:00〜18:00

講師紹介

蓮⾒ 正純(はすみ・まさずみ)
丹羽 崇 氏(株式会社Medifellow 代表取締役医師CEO)
独立行政法人神奈川県立医療機構神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科医長および倉敷中央病院呼吸器内科 臨床研究管理者・呼吸器インターベンション指導医を兼務し、多施設共同臨床試験の実施や新規デバイスの開発に従事する、肺癌や間質性肺炎などの診断・治療のスペシャリスト。専門領域においては海外学会での複数受賞歴あり。呼吸器系の各種ガイドライン等作成委員、厚生労働省難病指定疾患研究班委員を務める。
現役医師として活動する傍ら、2019年に株式会社Medifellowを起業し、遠隔診療およびヘルスケアビジネスのコンサルティングを行う。

無料申し込みはこちら

無料会員登録はこちら