撤退する選択肢と譲る選択肢_表紙
(画像=THE OWNER)

新型コロナなどの影響により、業績が悪化し、立ち行かなくなった場合、金融機関・取引先・従業員・家族等に多大な迷惑をかけます。そうなる前に、倒産リスクを回避する為、従業員や会社を守る為に、「会社を畳む、撤退する選択肢」「譲る選択肢」について考えておくことは、重要な事です。具体的には、どう検討し始めたらいいのか。比較検討の上で、会社を譲る選択をした3つの事例からご紹介したいと思います。

資料の一部を公開

撤退する選択肢と譲る選択肢1
(画像=THE OWNER)
撤退する選択肢と譲る選択肢2
(画像=THE OWNER)
撤退する選択肢と譲る選択肢3
(画像=THE OWNER)

こんな方におすすめ

  • コロナ禍で経営に困っておられる方
  • 事業承継に悩んでいたが先が見通せない経営者の方
  • 廃業・倒産を考えている経営者の方
  • 周りにも迷惑がかからず、自分にもお金を残して引退したい経営者の方

目次

  1. 「撤退する選択肢と譲る選択肢」検討の仕方 事例3選
  2. 撤退する選択肢と譲る選択肢のメリット・デメリット
  3. 赤字の会社でも譲り受けたい会社はある?
  4. 相談先のご案内

※ダウンロードは無料です※

※「THE OWNER(ザ オーナー)」は株式会社日本M&Aセンター(本社:東京都千代田区 /代表:三宅卓)と株式会社ZUU(本社:東京都目黒区 / 代表:冨田和成)が設立した合弁会社である株式会社ZUUM-A(ズームエー)が運営しています。