薮中
(画像=THE OWNER編集部)


6月9日(水)15:00〜16:00は、株式会社リグア 代表取締役社長の川瀨 紀彦 氏が登壇します。
2021年3月期の通期決算では、コロナ禍において売上・利益ともに、過去最高を達成。また、取引実績のある接骨院数が3,000院を超えるなど、2020年のIPO後にも成長を続ける同社の戦略に迫ります。

こんな方におすすめ

  • IPOを検討している経営者・IPOを学びたいビジネスパーソン。
  • 接骨院業界の現状と課題を知りたいビジネスパーソン。
  • 順調に成長を続けるIPO後の株式会社リグアの事業戦略を知りたい方。

内容

  • 創業のきっかけ。創業当初や事業拡大にあたって苦労したこと。
  • なぜコロナ禍でのIPOに踏み切ろうと思ったのか。IPOを行うべきタイミングとは。
  • N-2で注意すべきポイント。IPO準備で社内の管理体制を整える。
  • 株式会社リグアの事業戦略。川瀬氏の今後の目標。

開催日時

6月9日(水)15:00〜16:00

講師紹介

蓮⾒ 正純(はすみ・まさずみ)
川瀨 紀彦 氏(株式会社リグア 代表取締役社長)
金融サービス業、ホテル再生業を経て2004年に株式会社リグアを設立。「健康」と「金融」をキーワードにした独自の視点と、財務、人事、教育、企画運営のコンサルティングを強みに、業務効率を飛躍的に伸ばすIT経営支援サービスの導入、接骨院・整骨院に対する経営コンサルティングを通じて、人々の健康寿命延伸をサポートする事業を展開している。2020年3月、東証マザーズ上場を果たす。

無料申し込みはこちら

無料会員登録はこちら