兼松,日本データ取引所,資本業務提携
(写真=Who is Danny/Shutterstock.com)

兼松株式会社(8020)は、日本国内でデータ取引事業を展開している株式会社日本データ取引所(東京都渋谷区、J-DEX)と資本業務提携契約の締結を決定した。
本提携により、J-DEXは兼松の持分法適用会社となる。

総合・その他専門卸業界のM&A

兼松は、電子・IT、食品・食糧、鉄鋼・機械プラント、環境・素材をはじめとした製品・サービスを扱う商社。
企業や組織が自社で保有するデータを活用して新たなサービスを検討している中、2019年9月に欧米で最大のデータ取引市場を運営するDawex社と戦略的パートナーシップを締結し、日本市場におけるデータ流通の促進、活性化を図るべく、日本市場向けデータ取引プラットフォームの共同開発を進めている。

J-DEXは、データ取引専門会社として、社内データ活用計画の立案、データ調達の仲介、データ製品の企画・設計、組織間の法的相互運用性の向上等のデータ流通コンサルティングサービスを展開。データカタログ、データ品質、データライセンスなどに関するガイドライン策定・国際標準化活動も行っている。

本提携により、兼松は、総合商社としての幅広い顧客基盤に加え、Dawex社と共同展開するデータ取引市場にJ-DEXが持つデータ戦略企画ノウハウを統合していくことで、データ利活用を具体化するためのコンサルティングからデータ流通まで、顧客に対する一貫したサービスの提供を目指す。また、今後もデータ利活用を促進する各種事業者との連携を拡大し、先進的なデータコミュニティの創造を推進する。(提供:日本M&Aセンター