借金40億円完済の飲食企業2代目社長が選択した M&Aでの事業承継
(画像=THE OWNER編集部)


9月7日(水)17:00~18:00は株式会社ユサワフードシステム代表取締役の湯澤剛氏がご登壇されます。湯澤氏は、大手ビールメーカーで順風満帆なサラリーマン生活を送っていたものの、父親の急死により36歳で借金40億円と倒産寸前の企業を引き継ぐことに。80年かかると言われていた借金を16年で完済しました。

経営再建を成功させた湯澤氏は事業承継のため、2018年に10店の居酒屋を売却しました。今回は経営再建の経緯から、売却による事業承継を選んだ理由、その時の進め方や苦労についてお話いただきます。

こんな方におすすめ

  • 中小企業の再建戦略を学びたい経営者の方
  • 後継者選びに悩む経営者の方
  • M&Aに興味のあるビジネスパーソンの方

内容

  • 父親の会社を継ぐことになった経緯と課題
  • 借金40億円の返済のための戦略
  • 再建後の事業展開
  • 事業承継にM&Aを選択した理由
  • 売却の戦略・苦労
  • コロナ禍での今後の事業展開

開催日時

9月7日(水)17:00~18:00

視聴方法

本ウェブセミナーはオンライン会議システム「Zoom」を使用いたします。
受講URLや接続方法はお申込受付後に送付いたします。
お使いのPCがシステム要件を満たしている必要がありますので、動作環境はZoomヘルプセンターをご確認ください。

講師紹介

湯澤様
湯澤 剛氏(株式会社ユサワフードシステム代表取締役 )

1962年(S37) 神奈川県鎌倉市生まれ 1987年(S62) 早稲田大学法学部卒 大手ビール会社に入社 1993年(H5) 企業派遣にて米国ニューヨークに留学 帰国後医薬品海外事業部にて渉外業務に携わる 1999年(H11)実父の急逝により会社を退職し、居酒屋チェーンを展開する株式会社湯佐和の経営を引き継ぐ 2018年(H30)株式会社ユサワフードシステム設立 現在は、飲食店経営の一方で、これまでの経験から全国の中小企業経営者向けに講演を行っている。また経営者向けの個別相談も受け付けている。 経営学修士、GCS認定コーチ、認定レジリエンス・トレーニング講師、国際コーチング連盟認定コーチACC、PHPビジネスコーチ上級。

無料申し込みはこちら

無料会員登録はこちら