株式会社entomo代表取締役社長 松井崇
(画像=「株式会社昆虫食のentomo」代表取締役社長 松井崇氏)

近年、昆虫食が注目を浴びている。 牛、豚、鳥などの家畜に比べ、飼育に費やされる二酸化炭素の(仮想)排出量、水の消費、自然環境への負荷などが圧倒的に少ないとされ、これからの新しいたんぱく源として見直されているのだ。 SDGs項目の「2.飢餓をゼロに」「15.陸の豊かさも守ろう」などの項目に合致し、これまで昆虫を積極的に食べてきたアジア以外の地域でも昆虫食の研究が進められている。

株式会社昆虫食のentomoは、そんな昆虫食を手掛ける大阪の会社だ。健康を追い求めた結果、昆虫食にたどり着いたという代表取締役社長 松井崇さんにインタビューした。

BANKERS
2020年3月にクラウドファンディングで出資を得て産学連携で開発した「いもむしゴロゴロカレー」

ーー昆虫食を商品として売り出して事業にしていこうというきっかけというのはどこからでしょうか?

松井:私は大阪出身で昆虫食に縁がなく、ただ漠然としたイメージの嫌悪感はありました。

エントモ創業数年前に体を壊して、半年ほど寝たきり状態になった時期がありました。なんとか立ち上がれるまで回復したものの、筋力低下だけでなく、右耳が難聴になって平衡感覚も無くなりました。

その時に、図書館で健康関係、食事関係の本や現代医療(西洋医学)の問題点を指摘する本をほぼ全部読破して、自分でも色々実践もしました。ローフードやビーガンなどの有名な食事療法も一通り試してみたのですが、どれも、どうもあまりよくない。何がいいのか、色々と試した時に一番効果があったのが糖質制限と狩猟採集時代の食生活(パレオダイエット)と断食でした。

糖質制限の先生の著書などで昆虫は高タンパク質低糖質で狩猟採集時代から食べられてきた食料だと知って、初めて昆虫食に関心を持ちました。当時は1日1食で、肉を毎日1kgは食べていました。そこで肉の1割から2割(100~200g)を昆虫に置き換えて、毎日昆虫を食べようと思ったのです。しかし、日本の昆虫は高い。蜂の子でも100グラム3000円とか、味も佃煮だけでバリエーションも少ない。こんなに高いのだったら海外から個人輸入してみようかなと思って探してみました。

なんとなく、安いところといったら中国かなと思って、中国のウェブサイトなども調べたのですが、これもまた高い。個人輸入で大量に仕入れたとしても高額だったのです。 何で高いのかと思ったら、昆虫は小さいから集めるのも大変なので、どうしてもコストが高くなってしまう。

ただ、最近、養殖で国連が昆虫食を推奨したことがきっかけになって、昆虫を養殖しようとする企業がどんどん増えてきた。おそらく値段が鶏肉以下になる日も近い。そうなったら毎日食べられるようになるのではないか、毎日食べていけるような昆虫食を普及したい。日本で普及することで日本人の健康を良くしたい。そう思ってそれで創業しました。

BANKERS
西アフリカのブルキナファソから輸入している「シアワーム®」の乾物。

ーー今、日本で出回っている昆虫食や商品は大体バッタやコオロギといった昆虫が多い気がします。エントモはなぜ芋虫を手掛けたのでしょうか

松井:私が芋虫に着目したのは、十年後二十年後の昆虫食の未来を考えたからです。昆虫には完全変態の昆虫と不完全変態の昆虫があります。

完全変態の昆虫は蝶のように幼虫からさなぎを経て成虫と全く違うに変身するもの。不完全変態のものはコオロギやバッタのように小さな頃から、さなぎを経ずにほとんど変わらないもの。世の中の昆虫の種類の約8割は完全変態の昆虫です。今はコオロギ、コオロギと言われていますけど将来どうなのかな。芋虫の方が発展性があるのではないかなって思っています。

何故かと言うと、完全変態の昆虫の方が成長(幼虫)と繁殖(成虫)が分業化されているので、繁栄しやすい。

芋虫っていうのは食べて成長することに特化した形で、成虫になると繁殖することに特化している。人間の工業製品もそうじゃないですか?分業した方が優れていますね。将来10年後20年後を考えたら、完全変態の昆虫の方が可能性は高い。

また、芋虫は養殖が非常に簡単なのです。例えばコオロギと同じく注目されている養殖が簡単な昆虫として、ミールワームいうのもありますけども、あれも非常に養殖が簡単なんですね。密集していても共食いしないですし、バッタとかコオロギのようにピョンピョン飛び跳ねたりしません。

そういった意味で一番、繁殖率の強い生き物はウジ虫。他の昆虫とは二桁も三桁も違う。昆虫食への偏見がなくなったら、そう言った完全変態の昆虫が主流になっていくと考えています。

現在のシアワーム®は養殖ではありませんが、芋虫の可能性を感じてロゴを初めから芋虫の形にしています。

BANKERS
水で戻したシアワーム®。アフリカではトマト煮などにして食べられている

ーー主に扱われているとか、研究の範囲にされているのは?

松井:そうですね。まず当面の間は蚕の親戚のもの、今扱っているシアワーム®ですね。シアワームというのは。シアバターノキの葉っぱにくっついて生息している芋虫です。

シアバターノキというのは、化粧品に使われているシアバターの実がなる木のことです。和名がないので私が「シアワーム®」という商標で売り出したのです。

ーー産学連携で開発を進めていらっしゃいますね。

松井:チームメンバーに関しては、私とエントモのメンバーと東大阪大学短期大学部の松井欣也先生がメインです。

東大阪大学短期大学部でメインとなっているのは松井欣也教授です。松井欣也先生とは、起業前から何十回と。一緒に昆虫食の講演、ワークショップを開催しています。

2018年には昆虫食の国際会議にも共同でポスター発表しました。今後、プロジェクトに協力していただける方が大阪教育大学の松本教授です。お医者さんで医学博士でして、社会人の栄養士といった方々に向けて、授業の開講に注力されています。

松本教授がチームに加わったことで臨床試験も出来るようになりました。というのも、大学と組んで臨床試験しようと思ったら倫理審査という審査に通らないといけないのですが、ウチのところはちゃんと通っているので、機能性の昆虫とか製品の機能性を調査する臨床試験はできる体制を持ってきました。

BANKERS
起業前から交流のある 東大阪大学短期大学部の松井欣也教授。苗字が同じなのは思わぬ偶然

ーーいわゆるこういったものを個人で購入されて、会社にしたっていうところは何か理由があったんですか

松井:その回答に対しては多分二つの軸があって、まず私自身は元々何か会社作りたいなと思っていたんですね。

あと小さな頃からですけど、海外に関する仕事をしたいいう思いがありました。例えば慶應で体育会に入部したのも、勧誘してくれた先輩が「慶應の体育会出身者は社長の割合が多いぞ」という誘いに乗って入部したりですね。

ーー今回販売される、「いもむしゴロゴロカレー」について教えていただけますか?

松井:先ほどお話した「シアワーム®」がたっぷりと入ったレトルトカレーになります。水につけると二倍以上増えるので結構な量ですね。量が多すぎるので半分は粉末化して入れています。私は牛肉など具が大きくてゴロゴロしているカレーが好きなのですが、これが製品のコンセプトです。

昆虫食の製品は、入っている昆虫の量はほんの僅かなものが多いですが、今回「イモムシをこれでもかー」という位入れたいと思って、イモムシをタップリ使ってみました。

ーー昆虫食を通して今後どのような世界を目指していきたいと思われますか?

松井:旨くて栄養価があって、お手頃価格の昆虫食の普及を目指したい。そして、「肉」の選択肢と食料生産システムに昆虫が加わることで、食文化をより豊かにしていき、世界の栄養状態と生活水準も向上していくと思います。また、昆虫食を通じて科学リテラシーの向上にも努めていきたいですね。 昆虫は現在、価格が高いので値段と食材としての価値が釣り合っていないんですね。だから今の所、昆虫食は「食材」としての価値ではなく、「昆虫を食べる」という「体験」に価値があるという状況です。食材として普及するには、なにより価格が下がることが必要です。

また、昆虫食は「エコ」とか言われていますが、今の所、そうでもないんです。昆虫の飼料変換効率が高いのは、昆虫は変温動物で体温を上げる必要がないからです。そのため東南アジアやアフリカなど温かい地域だと確かに昆虫食は「エコ」なんですが、涼しい先進国で昆虫を養殖する場合、暖房をガンガン使わないといけないので環境負荷も高く、値段も高いです。今の所、鶏の卵の方がずっと「エコ」で安いです。

ただ、今後昆虫養殖技術と昆虫産業の発展とともに効率化が進めば、昆虫食の値段が安くなっていきます。そして食の選択肢に昆虫が加われば、食文化がより豊かになります。そういう風な世の中にしたいと思っています。 また、よく「食糧危機」や「タンパク質危機」「環境問題」の対策として、昆虫食などの次世代タンパク質やフードテックが注目されていますよね。でも実際は「食糧危機」も「タンパク質危機」はまず起きませんし、「環境問題」もこれから減っていきます。40年以上前に「このままだと40年後に石油危機になる」と言われていたのと同じで、これらは昔からよくある「危機を煽る商売」ですね。

例えば「食糧危機」の理論はマルサスの人口論が根拠の一つです。人口論とは「人口はネズミ算式に増えるが、食料は足し算式にしか増えない。だからいずれ食料生産よりも人口増加の方が高くなって、食料不足となり食糧危機になる」という考えです。しかし現実は化学肥料などの科学技術の発達で、人口増加率よりも食料生産量の方が大きくなりました。だから、この60年間で食料生産量は3.9倍に対して人口2.6倍で、途上国も先進国も1人あたりのカロリー摂取量は増えて、世界の貧困率も半減しているんです。これからも、政変や災害などで局所的に一時的な食糧危機が起きたとしても、巨大火山噴火や隕石衝突による地球寒冷化や第三次世界大戦などによる物流や生産の停止でも起きない限り、恒常的な「食糧危機」はまず起きません。

「タンパク質危機」も、そもそもおかしな考えです。「タンパク質危機」の代表的な説明として、「タンパク質需要は年2.4%に対して、穀物供給量は年0.9~1.6%。だから供給と需要のバランスが崩れてタンパク質危機が起きる」というのがありますが、中学の公民で学ぶ需要曲線・供給曲線で考えれば、市場原理が働くのでバランスが崩れるのはありえないですね。例えば肉の需要が増えて、飼料の供給量が追いつかなくなれば、飼料の価格が高くなって飼料の生産量が増えるように供給曲線はシフトします。また、肉の供給量が追いつかなくなると、肉の価格が高くなって需要が減るので、需要曲線はシフトします。そもそも途上国で肉の需要が増えたのは、経済発展に伴って購買力が向上して市場原理が働いたからです。

それに家畜は品種改良などによって、より少ないエサで成長するようになりました。特にブロイラーは顕著で、40年間で生育期間とエサの量が1/3までに減少したらしいです。それに、世界の肉の生産量に占める家禽肉の割合が年々高まってきています。牛や豚よりも家禽の方が少ないエサで育ちますよね。だから、「タンパク質の需要増加率 > 穀物飼料の増加率」なのは当たり前です。

また、「肉」といっても牛肉や豚肉など色々ありますが、それらを一括にしている段階でおかしいです。日本が経済発展しても欧米人並みに肉を食べないように、途上国が経済発展しても欧米人並みに肉を食べないでしょう。豚肉を好む文化圏や鶏肉を好む文化圏などの食文化の違いも考慮に入れていません。だから「タンパク質危機」は、色々間違っているんですね。だからメディアや企業も、無責任に「タンパク質危機」を煽って畜産業をバッシングするのは程々にしておいた方がいいと思いますよ。10年後に「タンパク質危機」が起きないことが判明したら、畜産業に対してどう責任をとるつもりなのでしょうか。

「食糧危機」や「タンパク質危機」やその他の「環境問題」も、「40年前の石油危機」と同じです。中学レベルの理科の知識があれば、こんなのに踊らされることはないのですが。

しかし立場上、「タンパク質危機」など自分の考えとは異なる説明をする必要もでてきます。そのため、昆虫食のイベントや講演などでは、できるだけ両論併記をし、昆虫食を通じて科学リテラシー向上にも努めたいと考えています。

「じゃあ、食糧危機もタンパク質危機も起きないのなら、わざわざ昆虫を食べる意味があるの?フードテックって意味あるの?」ですが、例えば日本の食文化は、江戸時代から明治になって、欧米の食文化を取り入れたことで、食文化が豊かになりました。現代の日本人は、牛や牛乳、マグロ、タコ、チョコレート、バナナ、コーヒーを食べなくても生きていけますよね。ではなんで食べるのか?美味しいし楽しいからですよね?昆虫食も同じように食文化として根付いていくと思います。

フードテックについても、「石油危機」はいつまでたっても起きないけど、石油危機対策として様々な省エネ技術が開発されたことで、世界の生活水準と科学技術が向上したのと同様に、食糧危機やタンパク質危機は起きなくても、食糧危機対策やタンパク質危機対策によって、一人あたりのタンパク質摂取量が向上し、世界の栄養状態と健康はより改善され、生活水準も向上するでしょう。

BANKERS
シアワーム®のフェアトレードは、ブルキナファソの雇用にも寄与できる

ーー最後に起業、創業を考えられている方へメッセージをお願い致します。

松井:いきなりガンと起業としなくても、例えば、自分でイベント企画するとか、個人輸入して自分でオークションとかで販売するとか、簡単なことからやってみるのが一番いいのではないかな。

振り返れば、そういう簡単なことから。例えば、イベント好きな人であれば、自分でイベントを企画して参加者を有料で募集して、それから後々、発展していくかもしれないですし。個人輸入から始めて、それを誰かに売ったりするという活動が、貿易業として発展するかもしれないですし。

そう肩肘張らずに、できることからリスクの少ない方法でチャレンジして行って、それで面白くなれば起業をしていくのがいいのではないかなと思います。

<会社情報> 
会社名:株式会社昆虫食のentomo 
URL:https://entomo.jp/