サーチファンド_v3
(画像=THE OWNER編集部)

株式会社サーチファンド・ジャパン主催セミナー
共催 株式会社日本M&Aセンター

欧米では一般的なM&Aの手法である「サーチファンド」。日本でも徐々に認知が広がりつつありますが、改めてどのような経営者・企業が取るべき選択肢なのか、実際の事例について、M&Aセンターの大澤と日本の第一人者であるサーチファンドジャパンの伊藤社長・塚田取締役が解説いたします。

これまでのM&Aは「企業と企業の結婚」に例えられていました。すなわち結婚する相手は「企業」であり、自社とマッチする企業を探す形でM&Aが行われてきました。しかし、企業が決まっても、その中の誰に会社を託すのか、自社に合った経営人材が派遣されるのかは、譲渡先に委ねる形が一般的でした。これからのM&Aは「企業」ではなく、譲渡オーナーが自身の後継者となる「人」を指名する形のM&Aが一般化してきます。これが「サーチファンド」という取り組み形態となります。

本セミナーでは、日本M&Aセンターで主に譲渡オーナーを担当している大澤と、日本でのサーチファンドの立ち上げ・運営を行っている株式会社サーチファンドジャパンの伊藤社長・塚田取締役が、新しいM&Aの形として最新の事例を交えてご紹介いたします。

セミナー概要・登壇者紹介

第1部 「企業」ではなく、託す「人」をオーナーが指名するM&Aが新しい選択肢となる

• 結婚相手の「企業」を探す時代から、譲渡オーナーが「後継者」を指名して、M&Aを行う時代に
• サーチファンドとの相性がよい企業・オーナーの考え
• これまでのM&Aと、近年増えている「サーチファンド」の取り組みについて

吉原燃料店
株式会社日本M&Aセンター ダイレクトマーケティング部
ディールマネージャー 大澤卓也
大手経営コンサルティング会社にて小売・IT企業を中心にプロジェクトを経験。その後、独立系M&Aブティックにて、中小企業から東証1部企業まで様々な規模・業種の案件を成約に導く。当社入社以降、主に譲渡オーナーを中心に担当。累計30件超のM&Aに関与。

第2部 「サーチファンド」という取り組みと最新事例

• 欧米では一般的な「サーチファンド」という仕組み
• ファンド・外部後継者が一体となり、企業の成長を追求する取り組み
• 日本での取り組み最新事例

伊藤公健
株式会社サーチファンド・ジャパン代表取締役
伊藤公健
株式会社サーチファンド・ジャパン代表取締役 マッキンゼー(東京、フランクフルトオフィス)を経て、ベインキャピタルにてM&A投資および投資先の経営支援に携わる。
その後、日本で初めてのサーチファンドを目指し活動。設立したファンドにより株式会社ヨギーをM&Aし経営をリードした他、中小企業への投資・アドバイザー等を中心に活動。
2020年にサーチファンドの産業化を目指し株式会社サーチファンド・ジャパンを設立、代表取締役に就任。
1979年生まれ。福井県出身。東京大学工学系研究科建築学専攻修了(修士)。
>>株式会社サーチファンドジャパン
伊藤公健
株式会社サーチファンド・ジャパン取締役
塚田 壮一朗
株式会社サーチファンド・ジャパン取締役 兼、日本M&Aセンター 成長戦略部 課長。
会計事務所、大手人材紹介会社を経て当社に入社。「人材業界」専門担当として、これまで30件超のM&Aに関与。

開催日程

3月29日(月)18:00~19:20

本セミナーはオンライン配信を視聴いただく形でご参加いただけます。
なお、セミナーの開催は、新型コロナウィルス感染拡大状況により、以下の参加形式を変更する可能性がございます。あらかじめ、ご了承下さい。

オンラインセミナーのご視聴方法

本ウェブセミナーはオンライン会議システム「Zoom」を使用いたします。
受講URLや接続方法はお申込受付後に送付いたします。
お使いのPCがシステム要件を満たしている必要がありますので、動作環境はZoomヘルプセンターをご確認ください。

参加費

本セミナーは無料でご参加いただけます
※競合他社様のご参加はお断りする場合がございますので予めご了承ください。

定員数

先着50名様のご参加とさせていただきます。

お申し込みはこちら