THE EAT 人生が劇的に変わる驚異の食事術
(画像=pixel-shot/stock.adobe.com)

(本記事は、アイザック・H・ジョーンズ氏・石川勇太氏の著書『THE EAT 人生が劇的に変わる驚異の食事術』=扶桑社、2020年8月2日刊=の中から一部を抜粋・編集しています)

糖質が細胞に悪影響を及ぼす

ジョーンズ 糖質がもたらす体内の変化は、エネルギーの不安定さだけではありません。糖質は体内で炎症を引き起こしたり、「コゲ(糖化)」を細胞内や関節につくります。この「コゲ」は「AGE(終末糖化産物)」と呼ばれ、活性酸素により体の老化を加速させ、体内に起きるさまざまな問題の原因となっていることが近年の研究で解明されています。

健康な細胞の細胞膜は弾力性に富んでいます。酸素や栄養素をスムーズに細胞内に取り込み、老廃物、毒素を排出して細胞はどんどん元気な状態になっていきます。これは「幸せな細胞」の状態です。健康的な脂肪を細胞内と細胞膜の周りに持っており、これにより細胞が体と最適な状態でメッセージを伝達できるようになり、体内のエネルギーが向上し、全体的な免疫システム機能を向上させます。

健康な細胞は細胞内に適量の糖質を含んでいます。ですから必要な糖質は細胞内に問題なく入っていきます。一方、炎症を起こした不健康な細胞の細胞膜には柔軟性がなく、鉄板のように硬くなってしまいます。

この状態では細胞に必要な糖質などの栄養素と酸素がスムーズに通ることができません。糖質も細胞膜のポンプがうまく機能せず入っていけなくなります。これは「インスリン抵抗性」と呼ばれ、細胞膜上のポンプを稼働させるカギであるインスリンが効きにくくなり、インスリンが大量に分泌されても血液中のグルコースが細胞内に運び込めなくなり、血糖値を十分に下げられなくなってしまう状態です。

石川 インスリンが出ているにもかかわらず、インスリンの働きが悪くなった状態ですね。インスリン抵抗性が存在すると、内臓脂肪の蓄積が起こりやすい、つまりメタボリック症候群へとつながっていく可能性があります。こうして高血圧、動脈硬化、糖尿病などさまざまな合併症の原因になります。

今日では多くの人がこの症状を抱えています。これは私たちが糖質を過剰摂取することで起こるものです。この結果、最終的には体内細胞の働きを低下させてしまいます。ですから食事を変え、生活習慣を改善することで健康な細胞を手に入れる必要があるのです。健康な細胞は、高いパフォーマンス力のある人をつくります。これが、ちゃんと機能している細胞が持つ力です。そしてそのような細胞は、健康的な脂肪と糖質を摂取しています。

がん、心臓病、うつの要因にもなりうる

石川 一方、糖質を過剰摂取している人の弊害は、満腹ホルモンの分泌量減少による肥満だけでなく、血糖値の急激な上下に伴う脳機能の低下など、数多くの問題があります。また、あらゆる病気の原因となる「慢性炎症」を引き起こしますね。

ジョーンズ そうです。体内における炎症はがんや心臓病、うつ病、アルツハイマー病、脳梗塞などの要因になります。発生する可能性のある病気のリストはいくら挙げてもきりがありません。ほかにも「レプチン抵抗性」という問題が発生します。

レプチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンの一種で、脳の摂食中枢に作用して食欲をコントロールし、脂肪をエネルギーとして燃焼するよう体に指示を出す役割を担います。食欲を抑制してくれるのです。ですから、レプチンが正常に働いてくれるほうがいい。ところが、糖質を過剰摂取すると、「レプチン抵抗性」が生じて、レプチンが働かなくなり、肥満になってしまうのです。

石川 もし割れた腹筋が欲しかったり、筋肉をつけたいのであれば、体内のレプチン伝達を最適化するのが効果的ということですね。これを実現して肥満の悩みを解消するたったひとつの方法が、糖質の摂取量を減らすこと。そして、健康な脂質へと切り替えることなのです。

避けるべき精製糖質はこれ

ジョーンズ 特に精製された砂糖は、肥満の原因になるほか、心臓病、糖尿病、認知症などの慢性的な症状の原因のひとつとされています。先ほどお伝えしたようなうつ病などの症状を引き起こす可能性とともに、糖の多い食事は減量しにくい体になってしまう可能性が高いのです。ですから、次のような砂糖と穀物は避けるようにしましょう。

【避けるべき砂糖と穀物】

白砂糖
黒砂糖
異性化糖(果糖液糖、ブドウ糖果糖液糖、果糖ブドウ糖液糖)
コーンシロップ
精製されたシロップ
白米
白パン
小麦粉(国内で一般的に出回っているもの)
精白小麦を用いた麺類(パスタなど)

THE EAT 人生が劇的に変わる驚異の食事術
アイザック・H・ジョーンズ
世界的なヘルスドクターにして、年収1億円を超える起業家。カナダ出身。国際的なヘルス&ウェルネス専門のコンサルティング会社「エレベイズ・ヘルス」の設立者として、ハリウッド俳優やサウジアラビアの王族をはじめ、経営者、起業家など、年間200人以上のトップエグゼクティブに対し健康指導を行う。これまで5万人を超えるクライアントのライフスタイル改善とパフォーマンスの向上に努めてきた。著書に『世界のエグゼクティブを変えた 超一流の食事術』(サンマーク出版)
石川勇太(いしかわ ゆうた)
Life Changers Ltd. CEO。神奈川県横浜市出身。元ブラジルプロサッカー選手。世界の有名起業家へのインタビュアーやスピーカーとして、世界中を駆け巡りながら、自身のストーリーと言葉を通して人々の人生に劇的な変化をもたらしている。現在、アイザック・H・ジョーンズと開発したさまざまな食事プログラムを展開。予防医学はもちろん、起業家、経営者の生産性アップを目指すセミナーも手掛けながら、「人生を変える食事術」の啓蒙活動を行う。ほか、世界の「健康常識」を変えるために、医療は「治す」から「予防」へ、介護は「補う」から「自立」を理念にヘルスコーチを育成中

※画像をクリックするとAmazonに飛びます
『THE EAT 人生が劇的に変わる驚異の食事術』シリーズ
  1. 体と脳の働きを最高の状態にする三大原則とは?
  2. 糖質が「がん、心臓病、うつ」の要因に?避けるべき食品とは?
  3. 「日本食=健康的」は間違い?日本人のがんの原因「悪いアブラ」とは?
  4. 午後の生産性を落とさない昼食メニューとは?
  5. 免疫力を低下させる5つの生活習慣とは?