成長企業のための「多角化経営」のすすめ
(画像=Hit1912/Shutterstock, THE OWNER編集部)

バブル崩壊から今に至るまで、日本企業は「選択と集中」と「持たざる経営」を進めてきた。だが新たな事業創造ができず、成長軌道に乗れずにいる。

そこで、『持たざる経営の虚実』(日本経済新聞出版社)を出版したフロンティア・マネジメント代表取締役の松岡真宏氏に、日本企業が目指すべき道について4回に渡って寄稿してもらった。

3回目は、コングロマリット化するためにどのようなM&A戦略を採るべきなのかについてだ。

松岡真宏(まつおか・まさひろ)氏
東京大学経済学部卒。バークレイズ証券、UBS証券などで流通業界の証券アナリストとして活動。2003年に産業再生機構に入社し、カネボウとダイエーの再生計画を担当する。2007年よりフロンティア・マネジメント代表取締役。近著に『時間資本主義の時代 あなたの時間価値はどこまで高められるか?』(日本経済新聞出版社)がある。

境界統合型という新しいM&Aの形

特集の第1回、第2回まで、日本企業が成長するためには、事業や企業を取り込むプリンシパル戦略を進め、コングロマリットを形成すべきだと述べてきた。そこで今回は、その手法としてどのようなM&A戦略を進めればいいのか考えてみたい。

日本においてM&Aは着実に増加している。80年代後半のM&A件数は、年間500件程度だったが、2017年には3000件を超えた。M&A成約金額ベースで見ても、80年代後半の年間数千億円から2017年には年間20兆円を上回る水準へと上昇している。

M&Aのタイプは一般的に、①水平統合(同業買収によるシェアの拡大)、②新規ビジネスへの参入、③垂直統合(バリューチェーンの川上・川下の買収)の三つとされている。