一過性損益
(画像=qingqing/Shutterstock.com)

コロナウイルスは、経済にも大きな打撃を与えている。株価も一時的に30%近く下落するなど、大きく値が動いた。現時点では、多くの企業の株価が回復傾向にあるものの、戻りの速さ、遅さで差がついた企業もある。特に顕著なのが、商社株だ。戻りが比較的早かったのは三菱商事だが、丸紅は戻りが弱い。両者の差を分けたものはいったいなんだったのだろうか。両者のビジネスの違いとともに解説する。

大きく明暗を分けた商社株

コロナショックでは、全産業が大きな痛手を受けている。実際、日経平均株価は、1月末時点では2万4,000円の大台に近づきつつあったが、その中でも、特に明暗が分かれたのが、3月後半には1万6,000円代にまで下がるなど、30%以上の下げを見せた。その中でも、航空会社などが苦戦した一方で、ドラッグストアなどの株価は堅調に推移するなど、業種によっても明暗が分かれている。

その中で、同一業種ながら、企業によって明暗を分けているのが、総合商社株だ。その決算同様に、株価も明暗が分かれている。

比較的早く値を戻したのが、<8058>三菱商事と、<8001>伊藤忠商事だ。三菱商事は、最終的に2019年度の当期純利益は、前年比9%減の5,354億円と、5,000億円はキープし、商社一番手の座をキープした。株価は年始の2,876円から、一時期2,100円を割るも、現在は2,367.5円(5/13現在)と、10%以上値を戻している。

また、伊藤忠商事は、前年比微増の5,013億円と、こちらも5,000億円の大台を突破した。株価も年始の2,510.5円から、一時は2,000円を割り込むも、2,268.5円(5/13現在)と、いずれもコロナの影響を受けながらも、回復の兆しを見せている。

一方で苦境にあえぐのが、<8002>丸紅だ。5大商社と呼ばれる大手商社の中で、唯一の赤字決算、それも過去最大の赤字決算となるマイナス1,975億円の損失となっており、また株価も、年始には800円をこえていた株価が、現在474円(5/13現在)と低迷しており、回復の兆しも見えていない状況だ。時価総額では豊田通商にも抜かれるなど、最大級の危機に陥っていると言えるだろう。

三菱商事と丸紅、明暗を分けたのは、一過性損益?

では、三菱商事と丸紅、同じ商社でも、ここまで差が開いた理由というのは何だろうか。原因を調べてみよう。

一般的に、商社の損益というのは、「恒常的損益」と「一過性損益」に分かれる。恒常性損益とは、通常のビジネスの中での損益で、一過性損益というのは、投資案件等によりもたらされる一過性の損益のことだ。両者の決算の数字を、恒常性損益と一過性損益に分けて見てみよう。

三菱商事丸紅
2018恒常性損益6,7792,560
一過性損益-872-250
合計5,9072,308
2019恒常性損益4,7922,250
一過性損益562-4,220
合計5,354-1,975
昨年比恒常性損益-29%-12%
一過性損益-164%
合計-9%-186%

表を見ると、恒常性損益だけならば、三菱商事は29%減、丸紅は12%減と、むしろ丸紅は健闘している。一方で、一過性損益を見れば、三菱商事は前年マイナスから今年はプラスに、丸紅は約4000億円も赤字を増やしているのだ。

では、なぜ丸紅は、ここまで一過性損失を増やしたのだろうか。中身を見ると、石油・ガス関係が1,313億円と最も大きく、ついで米国穀物事業が982億円、チリの銅に関する損失が603億円と続いている。

このうち、石油・ガスに関しては、年始から続く原油安の影響を受けているといえるだろう。直接海外の石油プロジェクトに投資しているため、原油価格が低くなることの影響を直接的に受ける。三菱商事も石油・価額で388億円の一過性損失、天然ガスで104億円の損失を出しており、商社全体が大きな影響を受けている。

一方で、米国穀物事業については、明暗が分かれるところだろう。三菱商事は、食品産業グループ全体では、203億円の一過性利益を出し、損益も前年比プラス433億円と、大幅に損益を改善させている。1000億円近い丸紅とは大きな差がついた。2013年に、和製穀物メジャーを目指して買収したガビロンだが、数度減損を行うなど、投資自体が成功だったとは言い難い。銅についても、三菱商事が一過性利益を出したのとは反対に、丸紅は巨額の一過性損失を出している。このあたりの、投資判断の差が、三菱商事と丸紅の差を分けたと言えるだろう。

また、三菱商事が増配を発表したのに対し、丸紅は2020年度の配当は実質的な減配になるとしている。このあたりの資本政策も、株価の明暗を分けた一つの要因ではないだろうか。

今後の商社の見通しはどうなる?

では今後、商社の見通しはどうなのだろうか。少なくとも、2020年度は、厳しい見通しとなるかもしれない。

三菱商事は、見通しについては公表していない。一方、丸紅については、しばらく経済が戻らないシナリオを前提として、恒常性損益が2,250億円から1,200億円程度に下げる見込みを出している。石油価格も不安定な状況が続いている昨今、商社にとっては「我慢」の年になるだろう。

商社の未来は「一過性損益」で占える?

コロナショックで株価を下落させながらも、回復傾向にある三菱商事と、いまだ回復の兆しが見えない丸紅を比べてみた。両者の差は、投資結果などの「一過性損益」の差が招いた結果であるともいえるだろう。今後、景気が回復してきた時に、株価を上げることができるかどうか、それは、商社の「一過性損益」の進捗を見れば、ある程度は予想できるかもしれない。

文・岡本一道(金融・経済ジャーナリスト)

無料会員登録はこちら