スーツ
(画像=KieferPix/Shutterstock.com)
末廣 徳司
末廣 徳司(すえひろ・とくじ)
日本で唯一の経営者を専門にしたスーツ仕立て屋『イルサルト』代表。1995年、早稲田大学商学部卒業後、株式会社ワールドに入社。基幹ブランドの商品開発責任者や中国での新規事業の立上げを経験。2009年、『装う事で産まれる自信を届ける』をミッションにイルサルトを立ち上げる。セルフブランディングで独自化を必要とする経営者、政治家、医師、作家、講演家、士業芸能人、スポーツ選手、ミュージシャンに至るまで10年間で14,000名を超える顧客を口コミだけで開拓する。一度きりの人生という舞台で、自らの能力を最大限に引き出す舞台衣装を提供出来る、服飾の専門家。

こんにちは!日本で唯一の経営者専門スーツ仕立て屋“イルサルト”の末廣徳司です。

最近では企業ホームページだけではなく、FacebookやTwitter、Instagram、ブログなど様々なメディアを運営する経営者が増えています。実際に会ってみるとメディアに掲載されたプロフィール写真のイメージと全然違う、なんて経験はありませんか。正直、私は何度も経験しています。

中には、イメージとは真逆で誰なのか分からないケースもありました。そこで今回は、経営者がプロフィールだけでも好印象を抱いてもらいやすい写真の選び方について解説します。

プロフィール写真は自然体のものを選ぶ

まず、プロフィール写真は自然体のものを選ぶことを心がけてください。

私がこれまで会ってきた方の中には、写真よりも太っていたり老けていたりして、イメージと全然違うケースがありました。確かに写真は、誰もが良く見せたいと思うもの。特に女性なら、細身で美しく若々しい写真を選びたいですよね。

しかし、盛り過ぎた写真は、信用されにくくなるのでおすすめ出来ません。あなたに会う前に写真を見てどんな人かを想像し、イメージ通りなら安心感を抱きます。反対に、イメージと全然違った場合は不信感を覚えるのです。

第一印象で抱かれた不信感は、なかなか消えません。信用を勝ち取るためにも、プロフィールには自然体の写真を使うことを意識しましょう。

自然体の写真は安心感を抱いてもらいやすい

自然体の写真を利用することは、相手に信用してもらいやすくなりますし、安心感を抱いてもらうきっかけとなります。

経営者にとって、不信感は致命傷です。信用や信頼は、自社に対する期待値そのものといえます。ゆえに、第一印象から安心感を抱いてもらうことで、経営を安定させる基盤へとつながりやすいです。

ただし第一印象だけに囚われるのは厳禁

ただし、第一印象にだけ囚われた写真選びもあまりおすすめできません。もちろん、第一印象が良いことに越したことはありませんが、会うたびにどんどん印象が良くなる方こそ、信用性を勝ち取りやすくなります。

要するに、外見からの印象だけでなく内面の印象も大切にしなくてはいけないということです。

たとえば、第一印象を1とした場合。会う回数を重ねる度にあなたの強みや深み、価値を理解してもらえれば、1から10でも100にでもなり得るということ。

・なぜ経営者になったのか
・なぜ今の業務を始めたのか
・誰の役に立ちたいのか

などを含めたあなたの志が、しっかりと相手に伝わっているのかがとても重要です。

イルサルトでは、仕事への想いや立ち居振る舞い、所作など生き方そのものがカッコイイ人を「カッコイイオヤジ」と呼んでいます。

第一印象を良く見せることに躍起になると、必要以上に相手の期待値が上がり、イメージと違っただけで不信感がより増すリスクが高くなります。もちろん、ある程度の期待がなければ、サービスを受けてもらえないのも事実です。しかし、外見と中身のギャップがあり過ぎると、相手には失望感が残りやすくなってしまいます。

プロフィール写真を選ぶなら「内面が伝わるもの」がベスト

プロフィール写真を選ぶなら、あなたの内面が伝わるものがベストです。そもそも第一印象が悪いと、自社を選んでもらえないリスクが高くなります。しかし、第一印象は、「好かれる」ではなく「嫌われない」ことがポイントなのです。

最初の評価が低くても、0ではない限り可能性は残っています。評価とは、長い時間と情熱をかけて作り出すもので、一度築いた関係は崩れにくいです。些細なつながりでも大切にし、関係を深められる経営を目指しましょう。

プロフィール写真から職業が連想できるものを選ぶ

プロフィール写真を選ぶ際は、職業が連想できる写真を選びましょう。お気に入りの写真とはいえ、職業が分からないのであれば、写真の価値が半減してしまいます。

たとえば、経営者専門スーツ仕立て屋の場合。普段着ではなくスーツでプロフィール写真を撮ることで、職業を連想しやすくすることが可能です。

また写真は、自分を使いましょう。SNSを使っている経営者に多いのが、

・憧れの有名人や外人
・子供の頃の写真
・好きな車
・好きな食べ物
・複数人で映っている
・キャラクター

といった写真です。こういった写真は、自社ブランドの印象を悪くする原因の1つになります。経営者にとってプロフィール写真とは、自社の価値を正しく伝えて相手の記憶に残す大切なツールです。

プロフィール写真を扱うときの2つの注意点

プロフィール写真を扱うときの注意点は、

・全てのプロフィールで同じ写真を使う
・プロフィール写真を頻繁に変更しない

ことです。

一般的に、一度見た写真を記憶するのはなかなか難しいもの。しかしFacebookやTwitter、Instagramなどのプロフィールにも、同じ写真を使うことで相手の記憶に残りやすくなります。このように同じ写真を使うことで、相手の記憶に刷り込んで無意識のうちに覚えてもらうことが可能です。

また、プロフィール写真を頻繁に変更すると、相手の記憶も上書きしなくてはいけません。せっかく写真を覚えてもらったのに、変更したがゆえに誰だかわからなくなるリスクがあることを覚えておいてください。

プロフィール写真は自然体かつ職業が連想できるものを使う

プロフィール写真は、あなたの第一印象を与えるツールの1つです。ゆえに、内面が伝わりやすく業種が連想しやすいものを選びましょう。

またプロフィールに利用する写真は「たかが写真」と思わずに、あなたの価値を伝えるマーケティングツールという視点を持つべきです。経営者だからこそ、プロフィール写真にこだわる意識を持ち続けてください。

文・末廣徳司(株式会社イルサルト 代表取締役)