スピンアウトとスピンオフの違い、説明できる?知ってると得するビジネス用語
(画像=BluePlanetStudio/stock.adobe.com)

近年では事業再編やイノベーションを実現するために、スピンアウトを実施する企業が見られる。今回はこのスピンアウトのメリット・デメリットや、スピンオフとの違いをまとめた。経営課題を抱えている企業は、これを機に戦略のひとつとして検討してみよう。

目次

  1. ビジネスにおける「スピンアウト」とは?
  2. スピンアウトとその他の用語の違い
    1. スピンオフとの違い
    2. カーブアウトとの違い
    3. 社内ベンチャーとの違い
  3. 企業がスピンアウトを実施するメリット
    1. 1.経営の自由度が高まる
    2. 2.イノベーションを実現しやすくなる
    3. 3.投資家へのアピールにつながる
  4. 企業がスピンアウトを実施するデメリット
    1. 1.親会社の経営資源を活用できなくなる
    2. 2.従業員のモチベーション低下や離職を引き起こすことも
    3. スピンアウトとスピンオフの比較
  5. 実際にはどんなスピンアウトがある?国内外の事例
    1. 【国内事例1】企業価値向上を狙ったスピンアウト/東芝
    2. 【国内事例2】本業ではないビジネスを独立させるスピンアウト/花見煎餅
    3. 【海外事例1】イノベーションを目指したスピンアウト/Alphabet
    4. 【海外事例2】入念な準備によって多額の資金調達に成功/Serve Robotics
  6. スピンアウトを成功させるには準備が必要
  7. 事業承継・M&Aをご検討中の経営者さまへ

ビジネスにおける「スピンアウト」とは?

ビジネスにおけるスピンアウトとは、資本関係を継続させずに親会社から別会社を切り離すことである。独立にあたって親会社が出資することはないため、切り離された新会社は完全な独立企業となる。

スピンアウトが実施されるシーンとしては、親会社に勤めていたサラリーマンが独立を果たす場合や、不採算事業のみを売却したい場合などが有名だ。特に近年では、優秀な若手社員が大手企業からスピンアウトする光景が国内でも多く見られるようになった。

スピンアウトとその他の用語の違い

数あるビジネス用語の中でも、「スピンオフ」「カーブアウト」「社内ベンチャー」の3つは特にスピンアウトと混同しやすい。正しい経営戦略を立てるためにも、以下でこれらの違いをしっかりと確認しておこう。

スピンオフとの違い

スピンオフとは、資本関係を継続したまま子会社を切り離すことである。親会社が出資を行う点が特徴的であり、主にリスクの高い事業に取り組む場合や、グループを再編したい場合などに実施される。

なお、切り離された子会社は完全な独立企業ではないため、親会社の経営資源や販売チャネル、ブランドなどを活用することが可能だ。

カーブアウトとの違い

カーブアウトも、資本関係を維持した状態で子会社や一部事業を切り離すことを意味する。つまり、スピンオフとカーブアウトは似た意味合いの用語だが、以下のように用語の主体に違いがある。

・スピンオフ…親会社を主体とした用語。
・カーブアウト…子会社を主体とした用語。

例えば、「スピンオフをした企業」は親会社のことであり、「カーブアウトをした企業」には子会社が該当する。ビジネスシーンで誤解を生まないように、これらの用語はシーンに合わせてうまく使い分けたい。

社内ベンチャーとの違い

社内ベンチャーとは、新規事業を立ち上げるために新たなチーム・部門を設けることである。チーム・部門はあくまで社内に設置されるため、社内ベンチャーでは企業や一部事業が切り離されることはない。

つまり「疑似的な分社」であるため、スピンアウトやスピンオフ、カーブアウトとは意味合いが大きく変わってくる。

企業がスピンアウトを実施するメリット

親会社の立場から見ると、スピンアウトには「不採算事業を整理できる」「事業再編につながる」などのメリットがある。では、切り離される新会社から見た場合に、スピンアウトにはどのようなメリットがあるのだろうか。

1.経営の自由度が高まる

スピンアウトでは両社の資本関係が継続されないため、新会社は親会社から干渉を受けることなく事業に取り組める。したがって、資本関係を継続するスピンオフやカーブアウトに比べると、スピンアウトでは新会社の独立性が高い。

つまり、経営の自由度が非常に高いため、事業内容だけではなく資金調達や投資、海外進出なども独自に行える。将来性のある事業を分離させれば、短期間で大きな成長を目指すことも可能になるだろう。

2.イノベーションを実現しやすくなる

経営の自由度が高まることで、イノベーションを実現しやすくなる点も新会社に生じるメリットだ。

例えば、親会社が自前主義にこだわる企業であった場合、開発に費やせる経営資源は常に限られる。このような状況下では、業界をひっくり返すような革新を起こすことは難しい。

一方で、スピンアウトの実施後には他社との提携も自由になるため、優れたパートナー企業を見つけられればイノベーションの実現がぐっと近づく。つまり、スピンアウトされた企業は古い慣習やルールから解放されるので、イノベーション創出に向けた体制を整えやすくなるだろう。

3.投資家へのアピールにつながる

スピンアウトによる新会社の設立は、投資家へのアピールにつながることもある。

投資家の立場からすると、ひとつの成長事業に集中している企業は、将来の見通しを立てやすい投資対象となる。一方で、数多くの事業を手がけている企業はさまざまな外的要因の影響を受けるため、的確な投資判断が難しい。

そのため、スピンアウトによって成長性の高い事業を独立させると、投資家からの評価が高まる可能性がある。

企業がスピンアウトを実施するデメリット

スピンアウトによって切り離された新会社には、以下のようなデメリットやリスクが生じることもある。

1.親会社の経営資源を活用できなくなる

スピンアウトされた新会社は完全な独立企業となるため、親会社の経営資源は活用できなくなる。設備や人材はもちろん、親会社のブランド力や販売チャネルなども活用できないため、状況次第では事業に大きな支障が生じるだろう。

したがって、スピンアウトによって独立をする前には、十分な経営資源があるかどうかを確認しなければならない。もし十分な経営資源を確保できない場合は、ビジネスを収益化させることが難しくなるので、中長期的な成長プランを用意しておく必要がある。

2.従業員のモチベーション低下や離職を引き起こすことも

スピンアウトを実施すると、一部の従業員は親会社から新会社へと移ることになる。親会社から離れることで、少なからず業務環境や人間関係には変化が生じるため、なかにはモチベーションが低下する従業員も現れるかもしれない。

特に注意しておきたいのは、モチベーションの低下やストレスの蓄積によって離職が増えてしまうケースがある点だ。優秀な人材が離れれば、理想的なビジネス環境は作れなくなるため、従業員の心身をしっかりとケアすることが重要になる。

スピンアウトとスピンオフの比較

ここまでの内容を踏まえて、スピンアウトとスピンオフの違いを改めて整理しておこう。

スピンアウトとスピンオフの違いとは? メリット・デメリットや国内外の事例も紹介

経営の自由度の面ではスピンアウトに分があるが、その一方でスピンオフされた企業は親会社の経営資源を活用しながら成長を目指せる。どちらも一長一短であるため、独立する事業の特性やプランなどを踏まえて、各ケースにより適したほうを選ぶことが重要だ。

実際にはどんなスピンアウトがある?国内外の事例

スピンアウトのイメージをつかむために、ここからは国内外の事例をチェックしていこう。

【国内事例1】企業価値向上を狙ったスピンアウト/東芝

日本の大手電機メーカーである『東芝』は、過去に世界有数の半導体メーカーである『東芝メモリ(現:KIOXIA)』をスピンアウトさせている。さらに、2021年11月には3社分割の実施を公表しており、今後はそれぞれの企業が上場を目指していくシナリオになりそうだ。

東芝がこのような戦略に踏み切った背景としては、「物言う株主」の存在が大きい。同社は株主へのアピールとして企業価値向上を狙っており、その実現のためにスピンアウト・スピンオフを通して事業再編を行おうとしている。

独立をする企業がそれぞれどのような成長を遂げていくか、今後の動向も注目しておきたい国内事例だろう。

【国内事例2】本業ではないビジネスを独立させるスピンアウト/花見煎餅

スピンアウトを実施しているのは、誰もが知る大手企業だけではない。例えば、東京都の老舗せんべい屋である『花見煎餅』は、店内で営んでいた喫茶事業を『喫茶室ルノアール』としてスピンアウトさせた。

喫茶室ルノアールは親会社のコンセプトを活かした形で展開されており、店内には大きな柱時計が置かれるなど、大正ロマン・昭和モダンならではの雰囲気を大切にしている。前述の通り、スピンアウトでは親会社の経営資源を活用することは難しいが、両社の関係性によっては活用できるものも一部あるようだ。

このように、スピンアウトは副業にあたるビジネスを独立させたい場合にも活用できるので、中小企業も経営戦略のひとつとして検討したい。

【海外事例1】イノベーションを目指したスピンアウト/Alphabet

次は、イノベーションの実現を目指したスピンアウトの事例を紹介しよう。Google Inc.のグループ企業である『Alphabet』は、2021年11月に社内のロボットプロジェクトを『Everyday Robots』として独立させることを発表した。

同社のロボット事業はすでに稼働しており、現時点で100台以上の掃除ロボットなどがGoogle本社内を動き回っている。機械学習技術が搭載されたこのロボットは、日々の作業をこなしながら業務ノウハウを自ら習得していくようだ。

つまり、Everyday RobotsにとってGoogle本社は顧客であると同時に、テストの場としても機能している。この事例のように、スピンアウトされた新会社を関係企業(かつての親会社やグループ会社など)がサポートするケースも少なくない。

【海外事例2】入念な準備によって多額の資金調達に成功/Serve Robotics

アメリカの『Postmates』からスピンアウトされた『Serve Robotics』も、ロボット技術によるイノベーションを狙っている企業だ。同社は最先端の自動運転モードを搭載することで、業界をリードできるような歩道走行ロボットの実現を目指している。

この事業には多くの経営資源を必要とするが、同社はすでに約15億円の資金を調達している。資金調達が成功した要因としては、独立前の段階でロボットによる配達実験をするなど、入念な準備を行ってきた点が大きいだろう。

スピンアウトを成功させるには準備が必要

スピンアウトはさまざまな経営目的を果たせるが、切り離した事業を軌道に乗せることは簡単ではない。特にイノベーションを目指して事業を切り離す場合は、経営資源や資金の獲得に向けて入念な準備が必要になる。

スピンアウトを検討している企業は、本記事で紹介した事例も参考にしながら、慎重に今後の計画を立てていこう。

事業承継・M&Aをご検討中の経営者さまへ

THE OWNERでは、経営や事業承継・M&Aの相談も承っております。まずは経営の悩み相談からでも構いません。20万部突破の書籍『鬼速PDCA』のメソッドを持つZUUのコンサルタントが事業承継・M&Aも含めて、経営戦略設計のお手伝いをいたします。
M&Aも視野に入れることで経営戦略の幅も大きく広がります。まずはお気軽にお問い合わせください。

【経営相談にTHE OWNERが選ばれる理由】
・M&A相談だけでなく、資金調達や組織改善など、広く経営の相談だけでも可能!
・年間成約実績783件のギネス記録を持つ日本M&Aセンターの厳選担当者に会える!
・『鬼速PDCA』を用いて創業5年で上場を達成した経営戦略を知れる!

✉️経営、事業承継・M&Aの無料相談はこちらから

文・片山雄平(フリーライター・株式会社YOSCA編集者)

無料会員登録はこちら