スーツ
(画像=ABGJ/Shutterstock.com)
末廣 徳司
末廣 徳司(すえひろ・とくじ)
日本で唯一の経営者を専門にしたスーツ仕立て屋『イルサルト』代表。1995年、早稲田大学商学部卒業後、株式会社ワールドに入社。基幹ブランドの商品開発責任者や中国での新規事業の立上げを経験。2009年、『装う事で産まれる自信を届ける』をミッションにイルサルトを立ち上げる。セルフブランディングで独自化を必要とする経営者、政治家、医師、作家、講演家、士業芸能人、スポーツ選手、ミュージシャンに至るまで10年間で14,000名を超える顧客を口コミだけで開拓する。一度きりの人生という舞台で、自らの能力を最大限に引き出す舞台衣装を提供出来る、服飾の専門家。

こんにちは。日本で唯一の経営者専門スーツ仕立て屋“イルサルト”の末廣徳司です。

経営者の皆さまに伝えたい最も大切なことは、「経営者が纏っているのはスーツではなく経営理念そのものである」ということです。

そこで今回の記事では、経営者が纏うべきものについて詳しく紹介していきます。

経営理念とスーツの関係性

経営者の多くは、スーツを着て業務をするケースが多いのではないでしょうか。そもそも経営者が纏うスーツは、経営理念が言語化されカタチに変わったものなのです。ゆえに、経営理念をそのまま身に纏っているということに変わりありません。

経営理念を身に纏うという意識を持つことで、

・所作
・立ち居振る舞い
・言葉遣い
・態度
・考え方

などに影響を及ぼし、経営者としての在り方や軸が明確になり始めます。

このように経営者にとって、スーツの概念を変えることこそ、稼ぐ経営者になる第一歩になるのです。

つまり、経営理念を身に纏ううえでやめるべきなのは、スーツが「似合う・似合わない」という考えで選ぶことになります。

着慣れないものを着た際に「似合ってないのでは?」と感じることも少なくありません。しかし、この考え方はあくまで個人の主観によるもの。印象は人に判断され、相手によって答えが変わります。

たとえば、BEAMSに行った後にUNITED ARROWSに行ったとします。それぞれのお店で薦められるものはまったく違います。何故なら、それぞれのお店の販売員さんが似合うと感じる物は違うからです。また、それぞれのお店で“薦めたい商品も違う”という理由もあります。

カジュアル服であれば、そうした選び方をしてもまったく問題ありません。気分によって着る服を変えて、ファッションを楽しむことはすごく楽しいことです。私は販売員さんとお話をしながら買い物を楽しむのは大好きですし、新しい可能性を引き出してもらったこともあります。

しかし、経営者の服を選ぶ場合はおすすめできません。こうした選び方の基準は「似合う・似合わない」にあるからです。つまり、行くお店や薦める人によって着る服がまったく変わってしまうのです。

着る服が変われば伝わるメッセージが変わる

経営者は、着る服が変われば伝わるメッセージが変わります。纏っている色やカタチにはそれぞれ意味があり、自分の意思とは関係なく周囲にメッセージを与えているものなのです。

着る服をころころ変えるのは、言っていることが都度違うことに変わりありません。これは経営者にとって非常に大きな問題です。

経営者は、経営理念に沿って一貫性のある発信が必要です。軸を明確にして、軸に沿った発信をし続けることで、強い信念が醸成されていき、結果として強いブランドが出来上がるのです。

着る服を変えると、周囲に届けるメッセージも自然と変わることを忘れてはいけません。

経営者における一貫性の大切さ

「一貫性ない発信をする経営者」と「一貫性ある発信をする経営者」では、どちらが信用されるのかは一目瞭然です。

会社の発するメッセージと経営者の外見を含めた所作が一致することは、会社経営にとっても大切なこと。

「似合う・似合わない」という他人の主観に委ねたスーツ選びは、経営理念を決めるのを他人に委ねているのと同じです。会うたびに経営理念が変わる経営者は、信用を得ることは出来ません。

他人の主観に委ねた「似合う・似合わない」ではなく、「会社の顔として相応しい」という考え方を心がけましょう。

経営者の姿は、会社の姿として重ねられるケースが多いです。特に中小企業ほどその傾向が強くなり、経営者のイメージがそのまま会社のイメージに直結します。

私の会社イルサルトもまさにそうです。経営者である私の印象がそのまま会社の印象になっています。私の生き方や印象が整うことにより、イルサルトの生き方や印象が整ってきます。

逆に言えば、大手企業よりもイメージ戦略やブランド戦略がしやすく、効果的に出来るのが中小企業なのです。

一貫性を持たせるためには経営理念をはっきりさせる

経営者は、会社が発するメッセージである経営理念をはっきりさせることで、一貫性を持たせることが可能です。

小さい会社の場合、経営理念が存在しない会社も多いですし、存在しても標語になっている場合もあります。

経営理念は、一度作れば終わりではありません。経営理念は日々意識するものであり、全ての判断の基準になります。

そして、経営理念の持つ意味や本質をどんどん深化していくことが重要なのです。まさに、会社の存在する意義=経営理念と言えます。

経営理念が決まり、深くなることで様々なことが自然と整います。経営理念を深く意識すると、経営者は自分の人生の在り方をみつめ直すのです。装いは、その中の1つ。

装いは、単に服を意味するものではありません。

・所作
・立ち居振る舞い
・発する言葉
・他人への態度
・仕事への取り組み方
・髪型
・外見

に至るまで、すべてを含みます。

装いは、まさにその人の生き方そのものを指すのです。

経営者が纏うのは経営理念そのものでなくてはいけない

経営者が纏うのはスーツではなく。経営理念です。

自分が何者であるか?何を志しているのか?を纏う服にも雄弁に語らせ、自分自身の覚悟や想いを日々確認しながら唯一無二のブランドを創り上げていくのです。

「似合う・似合わない」や「好き・嫌い」といった基準でスーツを選ぶのではなく、会社の顔に相応しいかどうかで決めることを心がけましょう。

文・末廣徳司(株式会社イルサルト 代表取締役)

「経営者専門テーラー」が教える社長のためのスーツ論
(画像=THE OWNER)クリックすると連載TOPページへ飛びます