薮中
(画像=THE OWNER編集部)


株式会社感性リサーチ 代表取締役社長の黒川氏がご登壇します。 黒川氏はコンピュータメーカーにてAI開発に携わり、男女の感性の違いや、ことばの発音が脳にもたらす効果に気づき、コミュニケーション・サイエンスの新領域を開拓。著書「妻のトリセツ」をはじめとするトリセツシリーズは累計で90万部を超える人気となっています。

脳には2つの感性モデルがあり、多くのコミュニケーショントラブルは、この2つの感性モデルのぶつかり合い、すれ違いであることはあまり知られていません。今回は、黒川氏がAI研究の過程で発見した「感性コミュニケーション」のメカニズムを活用した、職場の組織力をアップし、活気のある更に魅力的な会社にする秘訣をお話いただきます。

こんな方におすすめ

  • 職場の組織力をアップし魅力的な会社にしたい経営者の方
  • 社内のコミュニケーショントラブルに悩む経営者の方
  • 男女脳差を理解しチームを活性化させたいビジネスパーソンの方

内容

「感性コミュニケーション~男女脳差理解による組織力アップ」ご講演

視聴方法

本ウェブセミナーはオンライン会議システム「Zoom」を使用いたします。
受講URLや接続方法はお申込受付後に送付いたします。
お使いのPCがシステム要件を満たしている必要がありますので、動作環境はZoomヘルプセンターをご確認ください。

講師紹介

佐々木かをり
黒川伊保子氏(株式会社感性リサーチ代表取締役)

人工知能研究者、随筆家。日本文藝家協会員、日本ネーミング協会理事。1983年、奈良女子大学物理学科卒。コンピュータメーカーにてAI開発に携わり、男女の感性の違いや、ことばの発音が脳にもたらす効果に気づき、コミュニケーション・サイエンスの新領域を拓く。人間関係のイライラやモヤモヤに〝目からウロコ〟の解決策をもたらす著作も多く、「妻のトリセツ」をはじめとするトリセツシリーズは累計で90万部を超える人気。他に、「人間のトリセツ ~人工知能への手紙」「共感障害 ~〝話が通じない〟の正体」「コミュニケーション・ストレス ~男女のミゾを科学する」など。

アーカイブ動画