経営計画書

1月29日(金)15時からは、米アップル本社副社長、日本マクドナルドCEOを歴任したプロ経営者の原田氏が登壇。
「iPhone」を中心に今や世界でも知らない人はいないアップルだが、1990年代は経営の危機的状況でした。そんな経営危機のアップルを原田氏はスティーブ・ジョブズと共に如何にしてV字回復させたのか。また、その後のマクドナルド時代に行った経営改革やマーケティング戦略についてもお話しいただきます。

主なトピック

  • 当時経営危機であったアップルをどうやって立て直したのか?
  • スティーブ・ジョブズと共に経営を行った経験から、最も学びになったこととは?
  • アップルの販売店を大変革。3000店舗を100店舗に縮小した理由とは?
  • アップルからマクドナルドへ。何故IT業界を33年経験後に、外食産業に転じたのか?
  • 7年連続業績不振のマクドナルドで就任3ヶ月からV時回復できた理由とは?
  • サラダ賞味期限切れ販売事故。危機発生時にトップは優先的に何をすべきか?どのようにして成長戦略を守ったか?
  • 100円マック、えびフィレオ、100円コーヒー等のヒット商品を生み出すマーケティング戦略とは?
  • ベネッセ時代に、グループ会社の社員が顧客情報を漏洩したことにより、引責辞任。コンプライアンスにおけるガバナンスについて、失敗から学んだことは?
  • 経営を行う上で、原田氏が最も大切にしている理念や哲学とは?
  • 原田氏の今後のビジョン・目標について...etc

こんな方におすすめ

  • 原田氏がアップル時代にスティーブ・ジョブズと共に7年間働き、学んだことを知りたい
  • アップル、マクドナルドの経営をV字回復させた原田氏の経営改革論・マーケティング論を学びたい
  • 原田氏の経営理念や経営哲学について興味がある

開催日時

1月29日(金)15:00〜16:00

視聴方法

本ウェブセミナーはオンライン会議システム「Zoom」を使用いたします。
受講URLや接続方法はお申込受付後に送付いたします。
お使いのPCがシステム要件を満たしている必要がありますので、動作環境はZoomヘルプセンターをご確認ください。

講師紹介

ウォンテッドリー川口様

原田 泳幸氏(現・株式会社ゴンチャジャパン 代表取締役会長兼社長兼CEO)
日本NCR、横河・ヒューレット・パッカード、シュルンベルジェを経て、1990年にアップルコンピュータジャパンに入社。97年、同社代表取締役社長兼米本社副社長に就任。スティーブ・ジョブズとともに、アップルブランドの再構築に尽力。iMacなど多くの製品を日本でヒットさせ、市場拡大に貢献した。 2004年2月、日本マクドナルドに入社。常識にとらわれない発想と実行力で、7年連続マイナス成長だった同社をV字回復に導く。2013年6月、ソニー株式会社と株式会社ベネッセホールディングスの社外取締役に就任。 著書に「とことんやれば必ずできる」「勝ち続ける経営」「 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論」などがある。

無料申し込みはこちら

無料会員登録はこちら